20220805

 今日は、夜になればあちこちオードリーのオンラインライブが観れると思って、その気持ちだけで生き延びた。若林さんが着てたのとおんなじTシャツ着ちゃってさ。ところで、このWebサイトのタイトルを「here and there」にしてみたのですが、これはあちこちオードリーから拝借しています。「あちこち」を英訳すると「here and there」になるらしく、文字列としてかなりいいなと思って。
オンラインライブに出演していた皆さん、かなり絶望していたしなかなかでかい闇を暴露してたけど、いちばん深く絶望しているのは結局若林さんだということが分かった回でした。逆ジョーカー。これ以上は口外できません。
 そしてそして、あの6人が予告もなしに突然新曲を世にお披露目するというサプライズ。こんな曲を聴いてしまったなら、連勤も暑さも乗り越えられそう。映像を見てたら少なくとも2人は爪が塗ってあって、とっても可愛い。ネイルしてる男性のこと、ステキだなって思うし、日頃ネイルしてる女性を見ても何とも思わないけど、こうしてネイルしてる男性見ると何だか自分もネイルしたくなってくる不思議。

  

 こんなステキな曲が聴けて気持ちはかなり嬉しいはずなのに、来週は連勤が続くせいで観たかった映画が観れなそうだと判明して絶望に逆戻り。上手いこといけば観れるかもしれないけど、なんか自分ばかり我儘を言ってるみたいで申し訳なくなってしまう。でも、配信やDVDもなさそうだからこの機会を逃すともう観れないかもしれないし。感情の落差で心が重たい。