20220923-0925

20220923

祝日。午前中、父と母が映画を観に来てくれた。それだけでなくてもいつもよりお客さんが多い。映画が終わる頃に休憩に行かせてもらえたので、一緒にお昼を食べた。こないだも上越まで行ってスパイスカレーを食べたというのに、やっぱり今日もいつものスパイスカレー屋さんに行ってしまう。日替わりの「蓮根とおからのチキンココナツキーマ」がとても美味しかった。皮ごと使ったというライムのアチャールもかなり酸っぱくてよかった。連休初日だからかカレー屋さんもいつもより忙しそう。

カレー3種盛り:定番のチキンカリー、蓮根とおからのチキンココナツキーマ、
紅玉とセロリのサンバル。ライムのアチャールをトッピング。

午後にも偶然、叔母が映画を観に来てくれてびっくりした。午前中にうちの両親も来てたんだよと言ったら笑ってた。他にも、顔見知りのお客さんが来てくれて嬉しい。

夜は友人と飲みに出る。大雨の中、最近好きな豆腐料理がメインの居酒屋へ。こないだ自分で作って失敗した納豆オムレツや、麻婆豆腐やら湯豆腐やらたくさん食べ、相変わらず芋焼酎のソーダ割ばかり飲む。この友人とは一時期隔週くらいで飲んでたのだけどここ最近は全然だったので、久しぶりにたくさん話せて楽しかった。

20220924

映画館に4日連続で来てくれた大学生の女の子がいて、思わず話しかけてしまった。古い映画館なので常連さんはほとんどシニア層ばかり、何度も来てくれる大学生はめったにいないので嬉しい。しかも連続でウォン・カーウァイを観に来てくれたことがとても嬉しかった。もうちょっと話して仲良くなりたいな。ウォン・カーウァイの映画は好きだと言っていたので、仲良くなれる予感は大きめ。
他のお客さんとも、レスリー・チャンの話で盛り上がったりと楽しかった。

20220925

今日観た映画:ウォン・カーウァイ『ブエノスアイレス』(1997)『花様年華』(2000)

久しぶりに天気が良かったので、枕カバーやらシーツやらをここぞとばかりに洗濯機に突っ込む。やっと洗濯できてスッキリ。広いベランダに干した真っ白なシーツが揺れる様子を見ているのは楽しい。カネコアヤノのあの歌。今日は絶対に頑張らない。

午後は映画。
『ブエノスアイレス』3、4年ぶりに観た。思ったより記憶が曖昧。「やり直そう」という言葉から始まり、そして「やり直そう」という言葉でモノクロからカラーに変わる瞬間にドキッとする。タンゴを踊るシーンは2人にとっていちばん幸せなシーンだった。チャン・チェンが声について語る場面がやっぱり好き。『恋する惑星』『天使の涙』で、缶詰の賞味期限になぞらえて恋にも期限があることを描いてきたり、人に寄り添った時に感じられるあたたかさは永遠だった、なんて語ってきたことを思うと、ファイにとって、ウィンとの恋の期限はあのカセットテープに録音した時に終わりを迎えていたし、ウィンは永遠だと思っていたファイのあたたかさが忘れられなくて、涙を流していたのだと思う。

『花様年華』こちらも久しぶりだったので、思ったより内容を忘れていた。タイトルの「花様年華」の文字から全てがアートだった。全場面、一枚一枚切り取って額縁に飾れる。今までの作品は手持ちのカメラで、登場人物を追ったりドアップで表情や目線を写したりと躍動感が印象的だったけど、花様年華はほぼ定点カメラで撮っていて、登場人物の表情を空間ごと映し出しているのがまた良かった。だからこそチャイナドレスを纏ったマギー・チャンのシルエットの美しさが際立つ。歩いている足元の動きや食べているときの手元を追ったり、背中越しに撮ったりとか、あるいは部屋の時計を写しながら電話での会話を流したりと、顔を映さずともその人の表情が感じられた。チャウとチャンの互いの配偶者の存在を、顔は一切見せずに電話の声や後ろ姿だけでほのめかすのも良い。音楽も良くて、3拍子のチェロの重低音がいちばん似合う映画だと思う。最後の、カンボジアの木の穴のシーンの意味がやっと理解できて、ここから『2046』に繋がってくのか…!と合点がいきました。記憶していたよりずっとずっと素晴らしい映画で、いい意味でなんだか打ちのめされた気分で劇場を出た。

わたしが映画館で『花様年華』に打ちのめされている間に、大相撲では玉鷲が優勝してた。すごいよ玉鷲…!今場所はあまりちゃんと観れてなかったのですが、本当に嬉しいです。おめでとう。一方で高安が優勝目前でまた逃してしまったのはちょっと切ない。高安が賜杯をもつ姿もいつか見たいです。若元春、若隆景が兄弟で三役揃い踏みをしたのはかなり感慨深い。。

藤井隆さんの「私とRoyal Host」を手に入れたくて、人生で初めてロイヤルホストに行ってきました。なんでかちょっと緊張した。オニオングラタンスープがめちゃくちゃ美味しかった。帰り道はもちろん、「Music Restaurant Royal Host」を聴きながら帰りました。